お客様の声2022年

お客様の声2022年

検査を受けていただいた方からの感想としまテストジャパンからのコメントを掲載しています。
前年度までの感想はこちら


Hさま
1. 6歳、男、450
2. 12月中旬
3.
二年前に検査して、小学校入学を前に2回目の検査をしていただきました。息子は、アトピー、喘息、血液検査でハウスダスト、ダニアレルギーなどがあります。
乳製品、卵、小麦、果物の一部は、血液検査では、ほとんど陰性に近いですが、体調や食べる量で痒みや体調不良につながっているので、摂る頻度もかなり少なくしています。ですが、前回の結果と比べてみると、アレルギーの項目軸は同じでも、色濃くなっていたり、新たに色がついたり、、、。色がつかなくなったものもありましたが、新たにこんなに色がつくとはビックリです。

食べ物は、大豆製品、玉ねぎ、ケチャップ、かんきつ類、卵、乳製品全般を、家ではしばらく除去していこうと思います。ですが、味噌は減らしても、醤油までとなると調理を考えていかねばと考えているところです。また、家庭でできても給食となると、、、。まずは家庭で除去して、本人の体調をみようと思います。

また、鉛、カドミウム、硫黄、石油化学製品なども色濃くなっておりビックリです。浄水器もつけているのに、浄水不足とあり、なぜだろう?と思っていたり、、、。住んでいるところが、電車の沿線沿いや工場や幹線道路の近くなども関係ありそうですが、住んでいる生活環境はなかなか変えにくいので、

以前の検査以来、幼稚園や休みの日にたくさん外遊びしたり、サッカーをはじめたり、外で体を動かして汗をよくかくようにしています。それでも、色がついているので、塩化マグネシウムで入浴デトックスもしようかなと思っています。

今回も、親身にご相談にのっていただくなど、しまテストジャパンさんにはよくしていただき、本当にありがたいです。この結果を機に、また生活を見直してみます。ありがとうございました。

しまテストジャパンからのコメント 2022年1月
再度検査していただきありがとうございます。
2年後に検査をすると、いろいろ気を付けているので少しは状況がよくなっているのではないか?と思われて検査をされたと思いますが、さらに多くの項目に増えているのはショックだったと思います。
ただこういうケースは、マルチアレルギーのあるお子さんの場合で、特に小学校低学年までのお子さんに多い印象があります。卵だけがアレルギー程度のお子さんの場合は、徐々に良くなることが多いのですが、いろいろな項目に対してアレルギーがある場合は、成長につれて食べる量や範囲が増えてきているのに、内臓の発達がゆっくり目なので消化しきれない=症状が出る、ということなのだと思います。
よって、お子さんのアレルギーの改善は、「年齢」ですので、今が一番つらい時ですが、小学校高学年でかなり楽になり、中学生になると問題ない食生活が送れるようになると思います。
浄水器は、規定よりも早めのフィルター交換をお勧めします。また重金属は食品から取り込むことが多く、これはもう地球全体の汚染の問題で避けられませんので、いかに排出できるかがポイントとなります。排泄や発汗がとても大切ですので、便秘を治してください。
便秘を治すのも結局食べ物ですので、合わない食べ物は避ける、合うものを摂取することに尽きると思います。


RHさん
1.年齢、性別、項目 46歳、女性、B75
2.検査日 2021年、12月中旬 
3.感想
持病の偏頭痛を薬ではなく、食生活で改善していたら、アトピーがぶり返してきました。この際、ステロイド軟膏なしで治そうとしたのですが、なかなか治らなかったので、何が原因なのか知りたくてテストを受けました。

まず報告書がとても詳しく書かれていて、とても読み応えのあるものでした。しまテストジャパンさんご自身やご家族の経験談も盛り込まれていて、とても分かりやすかったです。

報告書から一番反応が出ていた卵と、反応は低かったけど、アトピーが治らなくなる数か月前からよく食べるようになって心当たりがあった大豆を4週間完全に避けました。以前も大豆をやめようとした事があるのですが、醤油をやめることが難しくて断念していました。今回は醤油は問題ないとアドバイス頂いていたので、無理なく続けることができています。味噌汁のお汁を避けているしまテストジャパンさんの経験談もとても参考になりました。2週間目からカサカサだった肌が少ししっとりし始め、4週間目の今、一番ひどかった、皮がめくれていた箇所も完治間近です。この箇所が完治されるまで卵と大豆を避けていこうと思います。

このテストを受ける前は、ただやみくもに心当たりのある食物を避けてみて結局どれが原因なのか分からず、食事除去が辛く感じていました。テストでどれが原因かが分かり、まず卵と大豆を集中して避けてアトピーが改善されたので、本当に受けて良かったです。他にもグルテン、乳製品に反応が出ているので、こちらもおいおい完全に避けていこうと思います。テストの結果が出たのが思ったより早く、私も結果をもとに早く行動できたのでとても感謝しています。アトピーで悩んでいる方にとってもおすすめなテストです!

しまテストジャパンからのコメント 2022年1月
そうなんです、やみくもに避けていても原因がわからないですよね。しかも項目数が多いとどれから先に除去をすればいいかということにも困惑してしまいます。
しまテストジャパンの報告書では数値ではなく色別で結果がわかりますので、まず最初に何を除去しないといけないかという順番がわかりますし、また個別にご説明していますので、今後どのように除去を計画していくかということも、ご自分で判断しやすくなります。同じ大豆でも醤油レベルなら問題ないなどもわかりますので、とても便利な検査だなと思います。


fmさん
20歳.女性.450
2021年11月
慢性的な腹痛に悩み受けさせていただきました。完全除去は難しいですが、高レベルが出たものに気をつけて生活するようにしてから体調が良くなったように感じます。

しまテストジャパンからのコメント 2022年1月
完全除去をストイックにして早急に改善したいという方もいますが、しまテストジャパンでは、高レベルのものだけをまず除去するなど、徐々に改善していくやり方を推奨しています。慢性疾患がないと生活が楽になりますよね。


Hさん
6歳、男、450
12月中旬に検査
二年前に検査して、小学校入学を前に2回目の検査をしていただきました。
息子は、アトピー、喘息、血液検査でハウスダスト、ダニアレルギーなどがあります。
乳製品、卵、小麦、果物の一部は、血液検査では、ほとんど陰性に近いですが、体調や食べる量で痒みや体調不良につながっているので、摂る頻度もかなり少なくしています。

ですが、前回の結果と比べてみると、アレルギーの項目軸は同じでも、色濃くなっていたり、新たに色がついたり、、、。
色がつかなくなったものもありましたが、新たにこんなに色がつくとはビックリです。

食べ物は、大豆製品、玉ねぎ、ケチャップ、かんきつ類、卵、乳製品全般を、家ではしばらく除去していこうと思います。
ですが、味噌は減らしても、醤油までとなると調理を考えていかねばと考えているところです。
また、家庭でできても給食となると、、、。
まずは家庭で除去して、本人の体調をみようと思います。
また、鉛、カドミウム、硫黄、石油化学製品なども色濃くなっておりビックリです。
浄水器もつけているのに、浄水不足とあり、なぜだろう?と思っていたり、、、。
住んでいるところが、電車の沿線沿いや工場や幹線道路の近くなども関係ありそうですが、住んでいる生活環境はなかなか変えにくいので、以前の検査以来、幼稚園や休みの日にたくさん外遊びしたり、サッカーをはじめたり、外で体を動かして汗をよくかくようにしています。それでも、色がついているので、塩化マグネシウムで入浴デトックスもしようかなと思っています。
今回も、親身にご相談にのっていただくなど、しまテストジャパンさんにはよくしていただき、本当にありがたいです。この結果を機に、また生活を見直してみます。ありがとうございました。

しまテストジャパンからのコメント 2022年1月
再度検査を受けていただきありがとうございます。幼稚園から小学校への入園時期はアレルギーが一番強くなる時期だと思います。食べられるものの範囲や量が増えているのに、内臓機能が追いつかないためではないでしょうか?
小学校高学年になるとかなり消化できるようになり症状が軽くなるケースが多く、中学生になると何でも食べられるようになったりというケースも多いです。
また、浄水器での浄水は、フィルター交換時期が大切です。1年交換が目安になっているマンションについているようなフィルターは、8か月や10か月など、1年未満での取り換えがお勧めです。金銭的に余裕がある方は半年交換がよいと思います。
デトックスは色々な方法でできますが、やはり便秘がいちばんの大敵です。快便の対策と、今は大変な時のピークかと思いますが、数年後から楽になってきますので、今は時間稼ぎをするくらいの感覚がよいと思います。