Shimatest Japan
食物アレルギー・不耐症・毛髪検査・しまテストジャパン
お役立ち情報

原発性物質への対処法

しまテストではこれまで500人以上の毛髪検査の仲介をしてきました。

世界各国、日本各地にお住まいの多くの方のデータが集まりましたが、統計をとるにはまだまだ数が少ないです。

ですが、数が少ないながらも傾向はつかめてきましたので

そこから見えてきたものをベースにしまテストが考える対処法を掲載します。

「原発性物質に対して何か対処をしたい」という方に参考にしていただけたらと思います。

基本的に安全な地域に引っ越しをして安全な食べ物を食べるのが解決策ですが

そうもいかないのが人生です。

移住のデメリット

仮に安全な地域、たとえば海外に移住するとなると、語学や文化、犯罪面での心配が多いかと思います。

また、たとえば日本の南側に移住するとなると、転職の必要があり、引っ越し代などの諸費用が掛かり

また日本人の国民性として生まれ育った地元大好き人間かつ終身雇用大好き職業人間という性質がある為

きわめて難しい決断かと思います。

仮に転職後引っ越しをしたとして、当然人生のクオリティー(住宅、身なり、生活レベル等など)は確実に下がるでしょう。

移住のメリット

しかし、上記のデメリット以上に「空気と食べ物の安全性」という大メリットがあります。

移住を機に、安全性重視な世界観の人とコミュニティーなどで知り合う機会ができ

また大体予想できていた人生路線から外れる、全く住む予定のなかった地域に住むという大冒険も経験でき

生活の質は下がっても目に見えないメリットが多数あります。

食べ物の重要性

福島や福島周辺の農家の方は本当に申し訳ないですが、これは差別発言ではありません。

南の地域や海外のものを選択することが大切だと思います。

日本では食べて応援が主流となっていますが、私は、福島の農産物を食べないで別の形での応援派です。

しまテストの毛髪検査の報告書で、原発性物質の項目を見ると

2013年はほぼ全員、原発性物質の検査項目に色がついていました。

(色がつく=その物質が体内に蓄積している。アレルギーまたは不耐症という意味。)

しかし「検査項目に色がついていない」方が2014年に入り目立ち始め、秘訣を聞いてみると、

「食べ物には結構気を付けている」という方がほとんどです。

食べ物の気を付け方として、やはり産地を選んで買っている方が多い傾向があります。

そもそも選ばなくても安全な食べ物が手に入る地域に住んでいる方の場合は、普通に生活していて安全という傾向が強いです。

住む地域の重要性

食べ物には一切気を付けていないのに原発性物質が体内に蓄積していない方も中にはいます。

そういう方は大抵よさそうな地域に住んでいます。

土地の価格がそもそも高めの地域、よさそうな地域とは、関東県内の場合は若干高台、風の通り、

西日本、海外のことです。

PM2.5は特にその傾向が高いですが、風の流れの悪い地域や吹きだまりになってしまう地域は汚染物質がそもそもたまりやすく

空気の汚れを体内に入れやすくなってしまう傾向があると思います。

また、大気汚染がひどい地域にお住まいの方は海外在住でも印が、特にPM2.5に印がつく傾向があります。

よさそうな地域に住んでいるのに原発性物質に印がつく方は、食べ物を通して摂取している傾向があります。

日本は地図を見るとわかるとおもますが、山脈が多く盆地や平野があり、海に囲まれ、南北に長く

とにかく地域性に特色があるだけでなく、あまり離れていない地域でも気候が全然違うということがあったりします。

ということで、福島の中でも安全地域はあると思いますし、東京でも超危険地域があると思います。

チェルノブイリの地域はヨーロッパも含め山が少ないため広範囲に広がったのだと思いますが

日本は山脈が多いため広がり方が違うのではないか、この考えで行くと、日本海側や西日本は安全地域ではないか等個人的に思っています。

内臓の処理能力向上

家族で検査を受ける方で一人だけ原発性物質やPM2.5等に印がついていない方がいます。

報告書の送付後にレビュー掲載不可の方からも大抵レビューをいただけますが、そもそもの消化能力が高い方が多いです。

もともの代謝が悪い方は体内に重金属が蓄積しがちだと思いますので、

食べ物と住居の選択を大切にしつつ、食生活の改善と体力作り(筋トレ)をして内臓を強化することが大切だと思います。

また重金属のデトックスは水分(水)摂取、発汗、排便が非常に大切です。

まとめ

人は空気を吸い、水を飲み、食べ物を食べて生きています。

よい空気を吸う事、よい水を飲むこと、よい食べ物を食べることが大切です。

一番大切なのは空気。空気がないと人間なんて数分で死んでしまいます。

ドイツでは「とにかく窓を開けてフレッシュな空気を!」という人が多数です。

新鮮できれいな空気は大切です。

次に体の7割を占めている水。

むしろ3割の食べ物(骨や筋肉のことですが)よりも大切です。

食べ物ももちろん大切ですが、質の良い空気と質の良い水、この二つを気を付けることが大切なのではないかと考えています。

人にはそれぞれ事情があります。

どうしても引っ越しできないという方、是非水だけでも質の良いものを摂取してみてはどうでしょうか?

変な薬品とクオリティーの低い水などで作られたジュースや栄養ドリンクよりも、普通の水の方がよっぽどミネラル豊富です。

海外にはミネラル分豊富の水がたくさんありますので、炭酸飲料やビールが好き方は輸入炭酸水を飲むという手もあります。

また、たとえば布団に寝ているとしたら高めのベットに変えて床から高めの位置に寝るなど、

微量な重金属を含む微粒子を寝ている間に避けるという方法等も

汚染物質の性質を考えるといろいろと生活環境を工夫できるのではないでしょうか?

お子さんがいる場合、やはり成長期には食事が大切です。

福島近辺にお住まいの方は、信頼できる生協などの宅配で南の地域のものを取り寄せることもできます。

またお湯や熱湯でよく洗ったり、いったん湯がくなどの調理方法の工夫も大切だと思いますが、産地の選択の大切さが報告書のデータからわかります。

そしてやはり体力勝負となってきますので、筋トレもおススメです。

スクワット、腕立て、腹筋、背筋などはたたみ1畳スペースでも可能です。

代謝向上がのぞめると思います。心肺機能も筋力も上がり、

おススメ商品のページにベントナイトクレイやホメオパシーでのデトックス方法を掲載しています。

また、デトックス方法のページも是非ご覧ください。

ABOUT ME
しまテスト
1973年栃木県生まれ。ドイツ栄養指導士資格所持。イギリスの毛髪検査の仲介・翻訳・栄養アドバイスをしています。