toggle
食物アレルギー&不耐症毛髪検査のしまテストジャパン

About me

こんにちは!宅島恵子と申します。
2012年からしまテストジャパンを運営しています。

 


自己紹介
イチローやボビー・オロゴンと同い年。
栃木県出身。アメリカの大学を卒業後、就職&結婚&出産。
2010年から2017年までイギリスとドイツで家族で駐在。
2017年から東京在住。


ブログ
note
しまファミリー


家族構成
夫&息子2人&犬


子供のアレルギー
●上の子(2001年生まれ)
魚とナッツに重度のアレルギーでアナフィラキシー体質。
IgE2500
エピペン所持歴アリ。

2019年の状況:
完全除去はナッツ、魚、生の果物。
ナッツ不使用でもナッツ製品を製造しているラインを使用している菓子類にも反応。
りんご、桃などのバラ科果物などでノドが痒くなるので、果物類は煮て摂取。
魚の出汁は大丈夫なので和食店での飲食可能ですが、
焼き魚等、魚単体と卵焼きのような卵や魚が主役の料理は除去。

●下の子(2003年生まれ)
アトピー系で全身ジクジクでしたが、小学生低学年時に米をササニシキにしてから美肌。
IgE300

2019年の症状:
ハウスダストや花粉などが鼻血として症状に出るタイプ。
当時ごま、りんご、卵、米のアレルギーが強烈でしたが、
現在は何でも食べられます。

 


子供の教育
公立小学校: in 日本、イギリス、ドイツ

公立中学校:in 日本、ドイツ(ギムナジウム)
都&国立高校:in 日本、ドイツ(ギムナジウム)

※ギムナジウム=ドイツの公立中高一貫校で大学進学校。
3カ国で生活し教育を受けてきたので、親子ともども3カ国語も堪能になり、3カ国でのアレルギー対応に詳しくなりました。
イギリスとドイツにお住まいでアレルギー対応の疑問などありましたら、是非お気軽にご相談ください。


しまテストジャパンを始めたきっかけ

福島原発事故がきっかけです。
子供2人に重度のアレルギーがあり、

たまたま駐在で住んでいたイギリスに毛髪検査があったという土台があります。

上の息子が赤ちゃんの頃から子育てブログを書いていました。
ブログを書いているうちに自分の子がアレルギーだと判明!
それも結構重度な!
途中で子育てブログからアレルギーブログに変化してしまいました。

食物アレルギーの子供は、2001年生まれだと東京都内の多くの幼稚園からも入園拒否されるような時代で、それはそれは大変でした(TдT)
唯一受け入れてくれたキリスト教の幼稚園に、無宗教ですが通わせてもらえました。

食物アレルギー育児をする中で、
同じような仲間をインターネットのブログで見つけて交流を持ったり、
オフ会を開いたり情報交換をしたりしていました。
近所にはなかなか重度な食物アレルギーの子をみつけられなかったので、日本各地の似たようなママ友を知り合えて本当にありがたかったです。ブログを書いていてよかった、ネットがある時代で良かったと思えました。

そんな中、2010年から海外駐在に!
小学生低学年で学校の除去給食すら対応ができず、弁当持参レベルのアレルギー児2人を抱えて、なんとイギリスのロンドンに住み始めました。
ブログも続けていました。


イギリスにはアレルギー児が結構います。
しかしアレルギーの血液検査は日本ほど発達していませんし
血液検査は手軽に受けられません。
超重度の子は皮膚検査を受けてからエピペン所持、
軽度の子は皮膚検査や血液検査を受けることなく内服薬を常備という感じです。
(日本にいた頃は半年に1回ペースで血液検査)

そんな中、たまたまロンドンで毛髪を使ったアレルギー検査を見つけました。
検査してみたところ、血液検査以上に項目が多くて精度が高くてびっくり!
あまりの衝撃だったので、ブログに書いたところ、受けてみたいという反響が大きかったです。

除去しても症状がイマイチだったあの頃にこの検査を知っていれば!
死ぬほど悩んでいるアトピーや慢性疾患を抱える方の助けになれば!
日本にはないこの検査をなんとか日本の多くの人に知らせたい!
そう思いました。

さらに、毛髪検査と出会ったこのとき、福島の原発事故がありました。
募金しか出来なくてもどかしい!
募金が思うように使われていなかったことにショック&怒り!
自分が日本のために直接健康に関することが出来ないだろうか?
毛髪検査で食事改善をするだけではなく、原発性物質の有無を調べたり、体内の重金属のデトックスができないだろうか?
日本人が汚染された日本に住み続けるためにはデトックスがよいのではないだろうか?

こう思ったことが
しまテストジャパンの運営のきっかけです。


ドイツについて
イギリスでしまテストジャパンを運営しはじめてからいきなりドイツに横異動になりました。
ドイツではドイツ語をゼロからはじめましたが、最終的にドイツ語レベルは上級になりました。ドイツでのデトックス、自然療法などをドイツ語で学び、ドイツで起業をしました。ドイツの栄養指導士の資格も取得。

ドイツは自然療法や環境保護について世界トップクラスの考えを持っているため情報量が多く、ドイツ語で文献を探すことで得られる知識量が増えました。

 


資格
TOEIC 860点
IELTS 6.5
英検準1級
秘書検定準1級
運転免許(アメリカ、イギリス、日本、ドイツ)
救急救命資格所持(イギリス、日本)

ドイツ語C1レベル合格(ドイツ)
食品衛生資格取得(イギリス)
栄養指導士州資格取得(ドイツ)
ドイツホメオパシー専門学校(ドイツ・基礎講座受講)
Wordpress(このサイト、自分で全部作りました)
Allergy AntidotesTM (アメリカ)


趣味・特技
筋トレ(毎日30分ストレッチ、週1以上ジム)
料理(ケーキ、肉料理、何でも自作)
犬(1日3回の散歩、写真撮影、バリカンでトリミング)
読書(小説大好きですが、なんでも読みます)
音楽(洋楽も邦楽も)
映画鑑賞(アメリカンな感じの映画が好み)
テレビ・Netflix・Amazon Primeでドラマ鑑賞
ギター(帰国してから一切弾いてませんが(TдT)
手芸(棒編み、ミシン)
語学(英語の再勉強中)

日本の古民家カフェ↑