toggle
食物アレルギー&不耐症毛髪検査のしまテストジャパン

DT50 歯科薬剤について

  • 歯科関連の薬剤や材料の検査ができます。
  • 歯科治療中に具合が悪くなったことがある方、歯科で使用する道具や薬剤等に過敏に反応する方向けの検査です。
  • お好きな項目だけ1項目から追加で検査できます。
  • この検査だけをお申込みすることはできません。
    オプションとして毛髪検査に加えてお申込みください。

歯科詰め物、アマルガム、水銀などの歯科金属や歯科材料が健康を害しているのではないかという方は、DT50ではなく、C450+を受けてください。

C450+歯科関連項目
歯磨き粉、マウスウォッシュ、フッ化物、フッ素、歯科詰め物、アマルガム、DT50テストを推奨
C450+重金属項目
硫黄、アスベスト、カドミウム、鉛、チタン、缶、外科手術道具、シリコン、アルミニウム、金、ニッケル、テフロン(テフロンコーティング器具)、水銀


歯科材料は麻酔から充鎮材、接着剤等いろいろあります。
各メーカーで成分も違いますので、あるメーカーに反応を見せている場合は別メーカーに変えてもらうというような使い方ができます。

ヨーロッパでは金属はアレルギーを起こしやすいということで金属類(金歯、銀歯等)使われなくなって10年以上が経過しました。
私が5年ほど滞在していたドイツではレジン重鎮が基本です。
インプラントやブリッジも内部の柱は金属ですが、外側はセラミックやプラスチックが主流です。

DT50歯科薬剤検査の報告書は非常にシンプルです。
問題が全くない場合は完全に白紙で来ますので拍子抜けしますが、歯科治療経験の多い方や歯科薬剤に過敏な方は毛髪検査の報告書と同様に色合いがカラフルに出ます。

神経のない歯は2本、ドイツ在住中に歯科麻酔で呼吸困難経験アリの私が検査してみました!
歯科麻酔のアドレナリンの部分に色が付いたので、アドレナリンが体に合わないということが分かりました。
歯科医で実際に使った麻酔の材料を調べたところアドレナリン含有でした。
アドレナリン含有でない歯科麻酔(シタネスト)もあります。歯科医で使ってもらいましたが、効きがあまり良くなかったため、麻酔をかけずに治療しました。

麻酔薬の検査をドイツの総合病院の皮膚パッチテストで行いましたが、毛髪検査と同様の結果が出ました。

さらに細かい内容は食事除去一例のページでご覧ください。

こんな方におすすめ
麻酔や消毒が苦手だったり、アレルギーなどの自覚症状がある方。歯科治療箇所が多い方で、これからさらに歯科治療にかかり、詰め物やかぶせ物などを入れる予定のある方。


歯科材料検査 DT50 (Dental50品目)の詳細

コード メーカー名   内容

DT1  Amalgam: contains mercury, copper, tin, silver and zinc アマルガム:水銀、銅、スズ、銀、亜鉛を含む

DT2  Apexit root filling sealer  根管をふさぐ材料

DT3  Bite registration  歯形をとる為の材料

DT4  Carboxylate liquid  クラウン、ブリッジや詰め物用のセメント剤 液体

DT5  Carboxylate powder クラウン、ブリッジや詰め物用のセメント剤 粉末状

DT6  Cavalite cavity lining  空洞壁コーティング材

DT7  Coltosol temporary filling  詰め物材(一時的)

DT8  Composite filling material  複合詰め物材料

DT9  Core material: for crownsクラウン装着時のコア(軸)の材料

DT10 Cresophene root canal antiseptic根管用防腐剤

DT11 Crown impression puttyクラウン装着時に使用するパテ材料

DT12 Dyract compound filling根管の詰め物材料

DT13 Fissure sealant -Biz GMAシーラント:虫歯予防のため、歯の溝をふさぐレジン材

DT14 Fluoride varnishフッ素湿布

DT15 Fuji II LC filling material充鎮用レジン強化合成樹脂

DT16 Glass Ionomer cement for crownsクラウン用合成樹脂接着剤

DT17 I.R.M. temporary filling一時的な充鎮材

DT18 Kalzinol temporary filling一時的な充鎮材

DT19 Ledermix cement: steroid and antibiotic接着剤:ステロイド、抗生物質

DT20 Lining material for fillings充鎮用コーティング材

DT21 Local anaesthetic: citanest with octapressin局所麻酔シタネスト-オクタプレシン

DT22 Local anaesthetic: lignospan with adrenalin局所麻酔アドレナリン添付リグノスパン

DT23 Local anaesthetic: scandonest 3% plain局所麻酔スキャンドネスト3%

DT24 Microprime cavity lining減感材、抗菌剤。虫歯箇所コーティング

DT25 Mouth wash tabletマウスウォッシュ

DT26 Orange oilオレンジオイル

DT27 Periodontal nosode: contains bacteria, blood, plaque and toxins from people with gingivitis and periodontal disease

    ホメオパシー液:歯周病、膿瘍、顎骨炎の人から採取した血液やバクテリア、歯垢の波動からできている液体

DT28 Polishing paste研磨剤

DT29 Polishing paste: Minerva研磨剤

DT30 Prime ‘n’ bond dentine bonding agent象牙質用接着剤

DT31 Root filling material根管充鎮材

DT32 Surface anaesthetic表面麻薬材

DT33 Syntac dentine bonding agent表面接着剤

DT34 Temporary cement for fittings一時的なセメント充鎮材

DT35 Temporary dressing material一時的なコーティング材

DT36 Tubliseal root filling sealer根管充鎮材

DT37 Zinc oxide liquid for resin充鎮用酸化亜鉛樹脂

DT38 Zinc phosphate cement for crownsクラウン用リン酸亜鉛セメント材

DT39 GC Fuji Bond LC: a commonly used dental bonding material歯科接着剤として広く利用されている接着剤

DT40 GC Fuji IX GP: a composite resin used in place of amalgamアマルガムに代わりのレジン充鎮材

DT41 Tetric Cream: a composite resin used in place of amalgamアマルガムに代わりのレジン充鎮材

DT42 Belle Glass: used for inlays, onlays and crownsクラウン用ベルグラス。ハイブリットセラミック

DT43 Cercon: core material for crowns and bridgesセルコン。クラウンやブリッジ用のセラミック

DT44 Cercon S: porcelain that goes on top of DT42 セルコンS。ベルグラスより優れたセラミック

DT45 Cerpress: ceramic crown material without metal, also used in inlays金属を含まないクラウン用セラミック。インレーにも使用

DT46 Duceram Plus: porcelain for crownsクラウン用セラミック

DT47 Herculite: filling material which is very strong and used for back teeth強度の強い奥歯用の充鎮材

DT48 Maxi Bond Metal: precious metal alloy which goes under porcelain crownsセラミッククラウンの下に設置する合金

DT49 Presciano: crown material, contains gold but no other metalsクラウン金属。ゴールド以外の金属は含まず

DT50 Solo Bond: adhesive for fillings充鎮用接着剤