History

しまテストサイト運営までの長い道のり

”毛髪検査”との出会いはイギリス・ロンドン。

2010年から2012年8月まで、夫の駐在により、イギリスのロンドンに家族で住んでいました。
ロンドンの怪しげな店舗の前に掲げられた英語表記での「毛髪でアレルギー検査」というポスター。

「うさんくさい!店頭でいきなり髪の毛切って、250品目もアレルギー検査できるなんでおかしい!」

しかし、子供が重度な食物アレルギーなのに
イギリスに来て1年以上も血液検査をしていなかったため興味がありました。

日本ではアレルギーの子は、半年に1回という頻度で血液検査を行い、20項目位のIgEなどを調べる方法が一般的です。子供なので無料で受けられますし、小児科や皮膚科で簡単に受けることができます。
しかし、イギリスの場合は、血液検査ではなく、皮膚検査(パッチテスト)が主流。その皮膚検査も専門の総合病院に数カ月先の予約を取っていくのが基本。
お金を払って血液検査をしようとすると、1項目に付き1万円ほどかかります。

毛髪でアレルギー検査というその張り紙を掲げている店舗。
痛みがなくてアレルギーの検査が手軽にできるならということで、
まず夫に(家族代表で)受けて(受けさせてw)みました(゚∀゚)

受けたといっても、店頭で店員の方に毛髪をはさみで切ってもらって、申込用紙にセロテープで貼るというただそれだけだったのですが。

そもそも毛髪をセロハンテープで申込用紙に直に貼るということすら
うさんくさかったですねぇ(TдT)

★★

1週間後電話が来ました。
結果の報告書を取りに来てくださいとのこと。

A4の紙1枚の報告書でした。

★★
報告書のあまりの正確さに夫と二人で衝撃を受けました。
よく江原さん(スピリチュアルな)が部屋を霊視するような、あんな感じで大当たり!

アルコール類の項目では、合う酒、合わない酒があり、ドンピシャ!
「なんでわかった!どこかで誰か見てたんじゃないのか!」と心底ビックリしました。

早速その場でアレルギーの子供二人とついでに私も申込みをしました。
やはり結果を見て、あまりにもドンピシャな結果で再度感動!
名前を見ずとも報告書の内容だけでそれが誰のものだかはっきりわかるほどでした。

★★
もともと、しましまというハンドルネームでブログを書いていましたが、ブログにこの内容を書いてみたところ、ぜひ受けてみたいという人が多数!

あまりの反響の多さに、これはアレルギーの乳幼児だけでなく、アレルギー体質の日本の大人の皆さんも絶対に受けたいだろう!と思いました。

★★
検査会社に連絡をし、最初は怪しまれながらも何度もやり取りをし相談し、最終的にOK(快諾)をもらえました。ブログではなくホームページを作って赤字も黒字も出ないようにして単なる仲介をすることになりました。

そして、どうせやるなら!ということで、
イギリスにしかない食べ物を検査項目から外し、納豆など日本人がよく食べるものを入れる!
日本語と英語を両方記載!
という風に報告書自体をカスタマイズさせてもらえるようにもなりました。
また念願だった福島原発やPM2.5等の検査項目も含めることができるようになりました。

★★
ちなみにですが、当初気軽に検査の仲介をしよう♪と思ってアメブロなどのブログで試してみたのですがまず見づらいのでホームページ形式にし、
無料のサイトも検討したのですが無料だとお金を扱う上で信頼性がないと感じたのでドメイン(有料)を取得し、
ヤフオクなどのオークション系にしようと思ったのですが、登録者以外の人が困るのでやめ、
楽天ショップに出店しようかと思ったのですが日本在住でないと登録が無理ということで、海外から日本の方向けのサイト運営方法についてはいろいろ困難を極めました。
そして、長年使っているしましまというハンドルネームを使った「しまテストジャパン」を仲介業の社名にし、shimatestjapan.comというドメイン取得をし、このようなサイトを作りました。

どうせ数十人くらいの申し込みがあって終わりかな?と最初は思っていたのですが
口コミでどんどんお申込者が増えたので、ドイツで正式に起業することにしました。

そのうち毛髪検査の検査自体に興味を持つようになり、ドイツで波動や栄養について学び始め、検査会社の担当者とも仲良くなり年一で会うような関係を築いていきました。検査担当者からは色々と講座を受講するように勧められたり情報や技術を伝授してもらったりし、一通り習得したところで弟子入り決定。
設立から10年目で日本で検査をするという流れになっています。

★★
ところで、私の息子たちは、小学校低学年まで日本に住んでいて、赤ちゃんの頃から日本で年に1~2回ほど血液検査を受けてきました。
2人とも除去品目が多く、長男はアナフィラキシー体質で、次男はアトピーや蕁麻疹体質。除去給食を実施している小学校でさえ除去給食が提供できないレベルだと言われ、日本の小学校ではふたりとも弁当持参でした。
イギリスの総合病院では長男が皮膚テストを受けエピペンを処方されるほど重度判定がでました。(IgE2500。ナッツと魚がアレルゲン)

ドイツに渡ってからは長男が年一で血液検査を受け(ドイツは血液検査が主流です)年一でエピペンをもらっていましたが、中学生になってから数値が急激に下がり(好転)エピペン不要ということになりました。

2人とも、特に長男は、血液検査も皮膚テストもかなり多く受けてきました。
しかし、IgE検査には検査項目が少ないことが不満でした。また、下の子は何度も針を指しても血管が逃げるタイプで一回で採血できないので見ていてかわいそうだと思っていました。さらに、食品以外の汚染物質が実はアレルギーを増長させているんじゃないかという疑問があったり、数値と症状があまり一致していない事が多かったので、実は血液検査を受けさせることに疑問に感じていました。

毛髪検査は、検査項目が多く、痛みが一切なく、病院に行く必要もなく、数値と症状が合致します。的中率がとても高いのでおすすめの検査です。


アレルギーの原因とは

個人的には、アレルギーは、遺伝要素が大きいと思いますが、アレルギー体質の場合は、環境汚染要素を避けることで回避できると考えています。

卵も牛乳も環境汚染がギュッと詰まった感がありますよね。
魚とナッツは特に危険度がとても高い食べ物だといわれてますが、魚、特に食物連鎖の最後のほうの大型肉食魚なんて重金属等の汚染度がハンパないんじゃないかと思っています。
またナッツは種子でエネルギーが豊富、農薬含有量も豊富だから相当汚染されているのではと思っています。

基本的に葉っぱっぽい野菜にアレルギーのある方はあまりいない事、魚介類、ポストハーベスト系の種子類、卵類、乳製品、農薬の多い穀物類にアレルギーがある方が多い事からもそうではないかなと思っています。


放射能汚染について

日本では放射能汚染の問題があるため、食べ物や環境汚染、特に産地には気を遣うべきだと思います。

環境汚染は完璧に避けることなんてできません。
たとえ海外に住んでいてもです。

少しでも安心で安全な食べ物、
なるべく加工品でない食べ物、
水や繊維質をたくさんとって日々排泄、
定期的な重金属デトックス、
自分に合った食材と量を食べること

こそが、健康でいられる秘訣だと日々体感しています。
今までの600人以上の方々の検査結果報告書ややり取りからも実感しています。

子供や自分のアレルギーを通じて、
しまテストジャパンとして世の役に立ちたい、健康系の分野で働きたいという思いで毛髪検査の仲介をしています。

今後は、海外の英文の情報を発信し、ある程度の量を仲介した上でみなさんの報告書のデータ、特に原発性物質とPM2.5の統計をまとめたものを公開していく予定でいます。

放射性物質関連は非常にデリケートでタブ-な内容ではありますが、過去を振り返ってもどうにもならず、前進あるのみです。
手探り状態ですが、良かれと思う事は、とにかくどんどんやっていく予定です。

報告書には無料で放射能物質の検査項目も追加しています。
怖いから検査したくない、とお考えの方は、項目から外すこともできますが、色がついても対処法がありますので、検査をおすすめします。