toggle
食物アレルギー&不耐症毛髪検査のしまテストジャパン

検査方法

しまテストジャパンは、お送りいただいたお申込み書をイギリスのアレルギーリンク社に送っています。アレルギーリンク社では、※放射感知(ラジエスセシア)やその他の方法を組み合わせたオリジナルの方法で検査しています。

※放射感知すべての物質はエネルギーを持ち、ある一定の間隔で「振動」している。二つの物質間(自分の髪の毛と食品)での振動エネルギーを専用の機械で計測。

食品一つ一つ、個々の毛髪にもそれぞれ違った波動があるので、波動を数値化する測定器で測っています。お送りいただいた毛髪とそれぞれの波動の詰まったサンプルを照らし合わせて波動測定器で計測すると数値が出ます。その数値の度合いでアレルギーの強弱を色分けし報告書に記載しています。

測定器だけを使っているわけではなく、波動が微量な方や赤ちゃんなどは、何度も機械にかけたり、ダウジングやオリジナルの手法を取り入れた手作業で集中して再検査、再々検査をします。

機械に通しさえすれば誰でもできるという検査ではありません。訓練により習得した技術で大変時間のかけて検査をしていますので非常に精度が高いです。

「どのメーカーのどの品番の機械を使っているのか。どのような手法や工程を組み合わせて検査をしているのか。」というご質問については、検査会社の企業秘密でお教えすることはできませんのでご了承ください。

例えば「カイロプラクティック」施術者の場合、同じカイロプラクティックでも、一人として同じ先生はいないですよね。同じ学校で技術を習っても多くの患者さんと接するうちにオリジナルな技術を習得したり、またその他の講習会で習得した技術や情報を組み合わせるという世界です。

毛髪検査界でも同様に、機械プラスその他の道具、個人的な技術を組み合わせて検査をしています。世界中に毛髪検査を行っている人はかなりたくさんいますが、一人として同じ手法で検査をしている方はいません。

しまテストジャパンでは信頼できる検査会社を見つけて提携を結んでいます。アレルギーリンク社以外にも多くの会社、個人の方が世界中で毛髪検査を行っています。英語ができる方はこちらを通さずに自分で探して申し込んでみるのも良いかも知れません。

アレルギーリンク社の日本支社はしまテストジャパンですので、日本にお住まいの方はしまテストジャパン経由でお申し込みください。海外にお住まいの日本人の方も是非しまテストジャパン経由でお申し込みください。

しまテストジャパンを経由して申し込むと、こんなメリットがあります。

  • 検査項目が日本人向けにカスタマイズしてある
    (例えば納豆、日本の花粉、原発性物質など)
  • 報告書についての個別アドバイスがある
  • ホメオパシーアドバイスが無料で受けられる
  • サポートが手厚い
  • 英語・日本語・ドイツ語に対応している

波動の歴史
放射や波動の概念は、7000年前のインドや中国が発祥です。
ラジオやテレビのような電波は、目には見えませんが、映像や音声として見ることができます。放射感知もこれと似た方法で、波動を肉眼で見えるように機械を使ってデジタル表示しています。

以前は針金を使用し、手作業で計測していましたが、技術が進んだ現在では機械を利用しています。機械使用により、マイナスやプラスの作用、強弱などの数値が目で確認できるようになり、判定精度が増しました。


東洋医学と西洋医学

医学には東洋医学と西洋医学がありますが、この毛髪検査は、どちらかと言えば東洋医学系の分野です。薬などの利用で症状を抑えるのではなく、自身が持つ自然治癒に対して働き掛けるという概念に近く、また科学で解明されていない部分が多いからです。DNA検査や血液検査などの西洋医学や科学的観点からみると、非科学的であるとの批判が多いです。

現代では物質のDNA研究が進み、唾液、毛髪、血液から個体の性質がわかるようになりました。西洋医学に批判されがちな物質の波動についても研究が進み、個体の性格までもが人間の毛髪などの組織からわかるようになりました。ある物質に対して過敏になったり、体内のバランスが悪くなったりする情報までも毛髪や爪などに現れます。