歯科検査(歯科医使用薬剤類)

歯科詰め物、アマルガム、銀歯、金歯等のせいで体調に影響があるのではないかとお考えの方は、200または450項目検査の項目で充分です!

歯科材料検査はこんな方におすすめ
●麻酔や消毒が苦手
●アレルギーなどの自覚症状がある
●歯科治療箇所が多い方で、これからさらに歯科治療にかかり、詰め物やかぶせ物などを入れる予定のある方

この歯科医使用薬剤のリストはほとんどがメーカー名でできています。歯科医で使う薬剤は、麻酔から充鎮材、接着剤等いろいろありまして、各メーカーで成分も違います。あるメーカーに反応を見せている場合は別メーカーに変えてもらうというような使い方ができます。

ヨーロッパでは金属はアレルギーを起こしやすいということで金属類(金歯、銀歯等)使われなくなって10年以上が経過しました。
2017年まで滞在中していたドイツでは、銀歯なんてもってのほかで、レジン重鎮が基本です。
インプラントやブリッジもオールセラミックの世界です。
もちろんインプラントの内部の柱は金属ですが、口腔内に直接金属が触れるということは一切ありません。

100年以上も前から世界で広く使われていた銀歯ですが、日本ではいまだに保険適用内ということで選択する方が多いですが、銀歯(アマルガム)は体内に溶け出しますので、金属アレルギーを発症する方が非常に多く危険です。特に皮膚疾患のある方は銀歯を疑ってみてください。

歯科検査の検査報告書は非常にシンプルです。問題が全くない場合は完全に白紙で来ますので拍子抜けしますが、歯科治療経験の多い方で歯科医で使用される薬剤に対してアレルギーのある方は毛髪検査同様にカラフルに出ます。神経を抜いた箇所がトータル4か所くらいの私が2012年に初めて検査したところ白紙でしたが、2017年に歯科麻酔でアナフィラキシーショックが出たときに検査したところ、歯科麻酔のアドレナリンに反応がありました。
歯科麻酔が怖くて、麻酔ナシの根幹治療や虫歯治療を経て、自分に合う麻酔がわかったので、理解ある歯科に通っています。

歯科麻酔で心臓がドキドキしたり気分が悪くなるという方は、シタネストという歯科麻酔がおすすめです。シタネストにはアドレナリンが入っていません。ただ、シタネストは効き目がマイルドなので使いたくない歯科医師が多いのが現状。シタネストを使ってくれる歯医者さん=理解ある歯医者さんだと思います!

項目部分を押すと詳細の説明があるので
是非気になる項目があったら押してみてください。

歯科使用薬剤検査項目

歯の構造
象牙質、セメント質、エナメル質、歯冠
細菌類
口腔細菌(アクチノマイセス菌)ラクトバチルス アシドフィルス菌、ストレプトコッカス・ミュータンス菌、黄色ブドウ球菌,ノカルジア属菌.酸、糖、細菌性プラーク、海綿静脈血栓症、ルートヴィヒ狭心症
虫歯予防・歯科薬品類
フッ素湿布、マウスウォッシュ、オレンジオイル、歯形製作剤、研磨剤全般、研磨剤・Minerva社、防腐剤・根幹用・Cresophene社、抗菌剤・Microprime社
歯科麻酔
表面麻酔、笑気ガス(亜酸化窒素)、シタネスト-オクタプレシン、シタネスト®プレビピカイン、アドレナリン添付リグノスパン、スキャンドネスト3%、オラキックス®リドカイン/プリロカイン、ポロカイン®メビピカイン、キシロカイン®リドカイン
充填剤
アマルガム(水銀、銅、スズ、銀、亜鉛を含む)、仮詰め充鎮材全般、Coltosol社、I.R.M.社、Kalzinol社、充鎮剤(酸化亜鉛樹脂)、充填剤・グラスアイオノマーセメント、充鎮剤・Herculite、根管充鎮材全般、根幹充填剤・Apexit社、Dyract社、Tubliseal社
レジン樹脂全般、Bis-GMA ビスフェノールAグリコシジルジメタクリレート、トリエチレングリコールジメタクリラート(モノマー樹脂)、アクリル樹脂、コーティング剤・空洞壁用・Cavalite社、コーティング材・仮詰め用、コーティング材・充填用、コンポジットレジン全般、コンポジットレジン・Bis-GMA、コンポジットレジン・フジ II LC社、コンポジットレジン・GC Fuji IX GP社、コンポジットレジン・TetricN-Cream社、ウレタン ジメタクリラート(レジン)、メタクリル酸メチル(レジン)

レジン=樹脂は、虫歯などを削った後に詰めて光を当てて固めて使うもので、詰め物にも被せ物の材料としても広く使われています。歯科ではコンポジットレジン=セラミック粒子(フィラー)と合成樹脂(マトリックスレジン)を8:2の割合で合わせた白いプラスチックを使用。金属含まないので金属アレルギーになりにくく便利な素材です。

色々なコンポジットレジン
マトリックスレジンはジメタクリレート(Bis-GMA、TEGDMA、UDMAなど)、フィラーは有機質複合フィラー、ガラスフィラー、超微粒子フィラーが使用されています。

被せ物(クラウンやインレー)の材料
金、Presciano(金)、セラミック全般、ベルグラス、Cercon、Cercon S、Cerpress、Duceram Plus、フッ化リチウム(ガラス系セラミックス材料)、メタルボンド(内側が金属で見える部分がセラミック)、クラウン装着時のコア(軸)材全般、シリカ

被せ物の材料は、金属、セラミック(陶材)、レジン樹脂の3種類。
セラミックは土からできている本当の陶器のものもありますが、最近は色々な種類のニューセラミックがあります。値段は高いですが、金属アレルギーの人に便利!

接着剤
接着剤全般、カルボン酸塩液、カルボン酸塩粉末、Ledermix、Prime ‘n’ bond社、Syntac社、Solo Bond社、GC フジ Bond LC社、リン酸亜鉛、メタクリル酸2-ヒドロキシエチル
ホメオパシー
歯科用ホメオパシー液(歯周病、膿瘍、顎骨炎の人から採取した血液やバクテリア、歯垢の波動)